野良猫の駆除

野良猫の駆除方法と気を付けること

投稿日:

野良猫を駆除する時は、虐待にならないよう注意が必要です。近隣トラブルにならないよう、地域と協力して野良猫の駆除に取り組みましょう。

houhou-chuuiten5

野良猫は、気に入った場所を見つけると住みかにします。エサがある場所、糞をしやすい場所、雨風をよけられる場所、外敵が来ない場所。自宅の庭先に野良猫が来て、花壇を荒らしたり鳴き声が気になったり、被害に合うと不愉快ですよね。

猫アレルギー、伝染病の感染、糞尿による土壌汚染といった、さまざまな問題を引き起こす原因となります。

野良猫を駆除する方法は、自分で捕まえて保健所や動物保護センターに連れていくか、野良猫の捕獲業者に依頼して捕まえてもらうかになります。

どちらを選ぶ場合も、動物愛護法を読み合法的なやり方で野良猫を駆除しましょう。全国的に野良猫捕獲の悪徳業者が問題視されており、猫好きから批判の声を受ける可能性もあります。野良猫駆除は感情的にならず、記録を取りながら進めてください。

この記事は、野良猫の被害にあわれている方に向け、解決策として野良猫の駆除方法をご紹介しています。

当サイトは「野良猫の保護・動物愛護の精神」を持って運営しておりますが、猫が嫌い・不衛生な状況に困っている・庭を荒らされたなどの深刻な被害にあわれている方にとって、猫は生活を脅かす外敵です。

動物愛護法をふまえ、合法的に野良猫駆除をするようご説明しています。

野良猫駆除を自分で行う方法

猫を寄せ付けないグッズを使う

野良猫の存在が困るが駆除までしなくて良い、自宅の敷地内や特定の場所に野良猫が近づかないようにするのなら、猫よけグッズを使いましょう。

よく見かける水を入れたペットボトルやトゲのついた敷物は、一時的な効果があります。しかし野良猫は学習して、自分に攻撃してこないと分かると怖がらなくなり、通れない場所は別のルートを探します。

また、コーヒー・お酢といった香りの強いものを庭にまいて、野良猫対策をする方法がありますが、猫によって効果がなく時間の経過とともに香りが薄れるというデメリットがあります。

【一時的に効果がある野良猫対策】

  • 水入りペットボトルを数本立てる
  • トゲのついたシートを庭に敷く(ホームセンターで販売)
  • コーヒー・お酢など香りの強いものをまく
  • レモングラスなど柑橘系の香りのする植物を植える

上記の対策と合わせて、庭に大きなものをおいて猫が歩きにくい状態にする、野良猫が通りがかった時に霧吹きをかけて怖がらせるといったフェイントをかけて、「住みにくい家」と覚えさせましょう。

【野良猫の嫌がるフェイント】

  • 庭の配置を変える
  • 水を顔にかける

猫よけグッズとして最も効果があるのは、超音波式の製品です。野良猫が通るとセンサーが作動し、猫が嫌がる超音波を出します。

価格は3000円~1万円程度、繰り返し使えるバッテリー式と乾電池を使用するタイプがあります。耐久性は高くありませんが、猫に恐怖心を与えすぐに効果がでます。ホームセンターやネットショップで購入できますよ。

気を付ける点として、食べ物に有毒な漂白剤まぜて野良猫に食べさせる方法は、虐待となり動物愛護法に違反すると覚えていきましょう。

第四十四条

愛護動物をみだりに殺し、又は傷つけた者は、二年以下の懲役又は二百万円以下の罰金に処する。

(動物の愛護及び管理に関する法律より引用)

【野良猫に与えてはいけないもの】

  • 漂白剤
  • 殺虫剤
  • ホウ酸団子
  • タバコ
  • 石油

野良猫被害にあった被害者が、動物殺しの加害者になってしまうのでお気を付けください。土に混ぜると環境汚染につながり、大切な庭が荒れる原因となります。猫に熱湯をかける・物理的に攻撃するなども虐待になります。

【野良猫を結束バンドでつるし虐待容疑 男を書類送検】

野良猫を結束バンドでつるして虐待したとして、福岡県警は29日、福岡市早良区の無職大崎周平容疑者(34)=銃刀法違反容疑で逮捕=を動物愛護法違反(虐待)容疑で書類送検し、発表した。容疑を認め、「ここ1年くらいで野良猫を3匹殺した」と供述しているという。

(朝日新聞デジタル 11/29(火) より引用)

自宅以外の別の場所に餌をまいて庭に来ないようにさせる行為も、他の住人に迷惑がかかるのでやめましょう。

猫が嫌いでないのなら、庭先に野良猫のトイレスペースを作り、花壇でフンをしないよう対策する方法があります。一度でも餌を与えると、翌日以降も期待して野良猫が住み着いてしまうので、餌は決して与えないでください。

野良猫を捕獲して保健所に持ち込む

野良猫を捕獲して保健所に持ち込むと、保護をして里親募集・引き取り手がなければ殺処分となります。

野良猫を確実に駆除するのなら、捕獲して保健所または動物愛護センターに引き取ってもらいましょう。

保健所に野良猫被害を申し出ても、役員が捕まえることはありません。個人で猫を捕獲する必要があります。小動物用の捕獲器がホームセンターやネットショップで販売されているので、猫が出没する場所に仕掛けます。

受け取り拒否をしている保健所があるようなので、事前に野良猫の被害状況を記録し写真をとっておき、駆除するしかない状況だと訴えましょう。

動物愛護法にて都道府県の責務として書かれていますので、保健所で引き取らないのならどうしたらよいのか、結論を出させましょう。

第三十五条

都道府県等(都道府県及び指定都市、地方自治法第二百五十二条の二十二第一項 の中核市(以下「中核市」という。)その他政令で定める市(特別区を含む。以下同じ。)をいう。以下同じ。)は、犬又は猫の引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない。

(動物の愛護及び管理に関する法律より引用)

野良猫駆除を業者に依頼する方法と費用

野良猫を捕獲・駆除する業者は存在します。しかし、動物愛護法の範囲内かグレーな行為になるため、大々的な宣伝はされていません。

houhou-chuuiten2


過去には、野良猫駆除を請け負った業者が捕まえた猫を他の地域に離す、死骸を不法投棄するといった事件を起こし、問題視されています。放し飼いにしている飼い猫を飼い主の許可なく捕まえると違法になり、捕獲した野良猫をどのように処分するかは道徳問題になるのです。

野良猫駆除を専門にしている業者をお探しの場合は、まずは保健所に相談してみましょう。保健所の職員が捕獲することはありませんが、捕獲依頼をどこにすればよいか相談に乗ってもらえます。

街の便利屋(なんでも屋)で、野良猫捕獲を行っている地域もあります。捕獲後の猫の保護先は、個人で確実に見届けましょう。

【野良猫の捕獲を業者に依頼した場合の料金】

  • 1匹あたり2万円以上

料金形態は業者によって異なります。便利屋に依頼すると1人1時間3000円はかかるので、猫を捕まえるまで依頼を続けると高額料金がかかります。

野良猫駆除を実施する前に近隣の住民に理解を求めた方が良い

野良猫駆除をする前に地域で話し合いをし、どのように対応したら良いか検討しましょう。

houhou-chuuiten3

野良猫駆除に関して、猫がかわいそう・捕まえてはいけないと意見する人がいます。ですが、野良猫被害にあわれている人がいて駆除を望んでいるのは事実です。

野良猫の駆除をしたせいで、地域トラブルに発展し住みにくくなることは避けましょう。

【野良猫駆除の基本的な流れ】

  1. 野良猫被害の状況を記録する
  2. 自宅に野良猫が入らないよう猫よけを設置
  3. 駆除の必要があると判断したら自治会などに連絡
  4. 地域として野良猫をどうするか話し合う
  5. 野良猫の捕獲
  6. 保健所・動物愛護センターに届ける、ボランティアに預ける、里親募集をする

【野良猫駆除で絶対にやってはいけないこと】

  • 石を投げる・刃物で傷つけるなど、物理的な虐待や殺傷
  • 毒薬・タバコを食べさせるなど、毒殺

駆除とはいえ、個人で野良猫を殺してはいけません。被害の証拠(メモ・写真)を残し、誰にでも捕獲・駆除をする理由が説明できる状態にしてから、行動にうつしましょう。

-野良猫の駆除

Copyright© ノラフェス! , 2018 AllRights Reserved.